商売などの繁忙期を割いて「かき入れ時」と言いますが、この「かき入れ」とは何をかき入れるのでしょうか。

お金や客などをかき集めるというイメージを浮かべる人が多いでしょうが、確かに神社で催される酉の市では、商売繁盛のシンボルとして熊手が売られ、それで利益をかき集めるというのはわかりますよね。

しかし、かき入れ時は「書き入れ時」と書きます。帳面に書き入れるという意味なのです。

繁忙期には、様々なことを帳面に書き入れます。そこから、忙しい時期や稼ぎ時のことを「書き入れ時」と呼ぶようになったんですね。

何でもパソコンにデータとして入れる現在なら、さしずめ「打ち込み時」とでも表現するようになるでしょうか。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です