庶民の間にすっかり定着したフリーマーケットですが、フリーマーケットの「フリー」は「free(自由)」ではありません。

これは虫の蚤(のみ)「flea(蚤)」を指しているんですね。

そもそもフリーマーケットは、フランスで行われていた古物市を起源とします。その位置が現地で「蚤の市」と呼ばれていたことから、英訳で「flea market」となりました。

そして、日本で中古品を販売する「フリーマーケット」が開かれるようになりましたが、自由に物を売り買いする様から「free」と勘違いされるようになったんですね。

ただし、今では「自由に参加できる市場」という意味を込め、あえて「free market」と表記するケースもあります。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です