湖、沼、池。これを小さい順に並べると、池、沼、湖となります。

池は地面の窪みに水が溜まった状態で、沼や湖より小さいものを指します。

では、沼と湖の大きさが同じだった場合、どう区別するのでしょうか。

沼と湖の違いは深さによります。水深5メートル以内は沼、5メートル以上は湖と呼ばれているのです。

しかし、人口ダムでできた池もなぜか湖と呼ばれています。東京都西多摩郡にある小河内ダムが奥多摩湖と称されているのがよい例ですね。

ちなみに、池にするか沼にするか、あるいは湖にするか、呼び方は各自治体に委ねられています。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です