車や台風のスピードはキロメートルで表しますが、船には船独自の単位があります。それが「ノット」。

女性はノットと聞くと「結び目」を意味する手芸用語を思い出すかもしれません。

実は、船のノットはまさにそのまま結び目の意味なのです。

ロープに等間隔で結び目をつくり、先端に沈まないように板ををつけます。それを船尾から海へ投げ、一定の時間に結び目がいくつ流れたかを数える。

これが昔の船の速度の計測方法だったのです。今も船の速度に結び目を意味するノットが使用されているのは、この名残があるからになります。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です