何がどう違うのかと問われるとよくわからないのが、専務と常務。

商法の規定では、社長と取締役さえいれば会社は成立します。しかし、ほとんどの会社には専務取締役と常務取締役がいるものです。

その違いを簡単にいうと、まず社長の業務全般を補佐するのが専務の仕事。なので、仕事の内容は全部門に及ぶこともあります。

一方、部門別に担当してその業務全般をまとめるの常務です。そのため常務は総務担当や営業担当などに分かれていることも多いそう。

一般的には常務よりも専務の方が格上で、専務がのちに社長に就任するケースも珍しくありません。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です