京都の街並みが碁盤の目のようになっているのは有名な話ですが、そこに張り巡らされた道路には古くから使われてきた通り名があります。

この通り名を用いて、現在の一般的な住所表記とは全く違った表し方をするのが京都流なんですね。

例えば、京都府京都市上京区藪之内町にある京都府庁は、「京都府京都市上京区下立売通新町西入ル」となります。

建物に一番近い交差点で建物が面している通り名に「通」をつけ、もう一方の通りには「通」をつけずに表します。

次に、その交差点から東西南北どこへ行くかは北であれば「上ル」、南は「下ル」、東西はそれぞれ「東入ル」「西入ル」と表現するのです。

京都では、この京都流の表記でも郵便は届くから驚きます。郵便番号を使った行政上の住所はかえって分かりにくいそう。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です