ゴルフの起源には様々な説があり、謎が多いため、どれが本当なのかの決め手がありません。

最も有力な説が、暇を持て余していたスコットランドの羊飼いたちが、棒で石ころを叩いて転がし、ウサギの巣穴に入れて遊んだという、羊飼いたちの遊び説です。

しかし、これにも石ではなく羊の糞を使っていたという説があるほど。

この他には、14世紀頃のオランダで真鍮でできた長い棒で、クリケットボールぐらいの大きさのボールを打つ遊びが行われていたという説も有力視されています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です