高さ305センチに設置されたゴールリングにボールが入った瞬間、会場全体から歓声が沸き起こる。

これこそが、まさにバスケットボールの醍醐味ですよね。小さなリングに、きれいにボールが吸い込まれたときの恍惚感には、選手も顧客も酔いしれてしまいます。

小さく見えるあのゴールリング、実は両腕で大きな円をつくったくらいの大きさで、直径45センチもあるのです。

バスケットボールの直径が23~24センチなので、実に倍くらいの大きさになります。

その割には、簡単にはゴールが入らないものですね。笑

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です