ゴルフボールの表面には、ディンプルと呼ばれ凹凸がありますが、これにはどういった意味があるんでしょうか。

このディンプルが、ボール後方への空気の流れを整え、飛距離を伸ばしているのです。

昔のゴルフボールにこのディンプルはなかったのですが、長く使ったゴルフボールには、表面に傷がつき、そのことでより遠くに飛ぶことに気づいたゴルファーが、最初からボールの表面に傷をつけるようになったことが、現在のディンプルのはじまりといわれています。

はじめは、ただ筋を入れていたものが、縦横に筋をいれたメッシュ模様となり、さらには凹凸をつけるようになっていったのです。

ちなみに、ディンプルが浅いと高い弾道になり、深いと低い弾道となります。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です