日本の伝統的な下着であるふんどし。実は最近、健康のためにふんどしを着用する人が増えてきているそうです。

しかも、着用者の4割が女性だというから驚きですね。

ふんどしは下着としてだけではなく、水着としても活用されていました。特に泳げない人を訓練する際には最適なのです。

なぜなら、ふんどしの背中にくる部分に紐をつけ、その紐で吊り下げるようにすることでふんどしが膨れ、浮き袋のような役割を果たすことから、カナヅチの人がまず浮くことを覚える際に、最適な水着だったのです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です