サッカーでは、ボールがタッチラインを割ると、スローインで試合を再開しますよね。

現在では、スローインを両手で行うことが当たり前ですが、最初は片手でボールを投げ入れていたことをご存知でしたか?

1882年にルール改定が行われ、必ず両手で行われようになったのですが、これはあるひとりの選手の存在によるものです。

それはウィリアム・ガンという選手。クリケットの名選手でもあったため強肩で、サッカーボールでも軽く50メートル以上を投げることができました。

およそセンターサークルからゴールまでの距離に匹敵する距離を投げる彼の教研は、恐ろしい攻撃の武器となっていたのです。

当時は、他にも強肩の選手が数多く在籍したため、スローインの攻撃性を弱めるために、必ず両手で投げるというルールに改正されました。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です