サッカーでは、味方もキーパーへのバックパスは、ヘディングでパスされた場合だけ手を使って処理できますが、ハンドボールではキーパーへのバックパスは禁止されています。

これは、ハンドボールのキーパーには、多くの特典が与えられているからなのです。

敵のチームはゴールエリア内に入って攻めることもできない上、ゴールキーパーにはオーバータイムやオーバーステップは適用されません。さらに、ゴールキーパーに触れてゴールラインを割ったボールもゴールキーパースローとなります。

従って、時間稼ぎなどに使われることを避けるためにも、ゴールキーパーへのパスは禁止されているのです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です