相撲の番付や土俵は、東西に分かれていますが、もともと番付や土俵を東西に分けたのは江戸時代初期のことです。

この時は力士を出身地によって二分し、近江国(現在の滋賀県)以東を「東方力士」、以西を「西方力士」と呼ぶようになりました。

また江戸以前は、東西ではなく左・右と呼ばれており、平安時代の1年を占う節会相撲では「天才、北を背にして南面す」の故事により、まず正面を決めて北とし、東を左、西を右としていました。

そして左が勝てば、田の幸、海の幸が大漁豊作、右が勝てば、畑の幸、山の幸が豊年満作とされていたのです。

現在では、力士の出身地に関係なく、番付は前場所の成績順によって決められており、東方の力士が上位となっています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です