テニスの試合では、ポイントを撮られた選手がよくラケットをいじっていることがありますよね。

これは決して、ポイントを取られたことをラケットのせいにしているわけではなく、ましてやいじけているわけでもないのです。

何度もボールを打った後は、ラケットのガットがずれ、網目がゆがんでしまうことがあります。こうなると、打球のコントロールやスピードにも微妙な影響が出てしまうため、ガットがチェックし、ゆがみを修正しているのです。

また、ガットをチェックすることで集中力を高めたり、気持ちを落ち着かせる選手もいます。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です