多くのスポーツでは、コート(ピッチ)の両面に引かれたラインのことを、サイドラインと呼んでいますが、サッカーとラグビーだけは、これをタッチラインと呼びますよね。

これは19世紀に採用されたルールの名残なのです。

現在は、タッチラインを割ったボールは相手チームのスローインで再開されますが、当時は、そのボールに最も早くタッチした選手がスローインすることになっていました。

そのため、ラインの外側の空間をタッチエリアと呼んでいたことから、タッチラインと呼ばれるようになったのです。ちなみに、ラグビーはサッカーから生まれたので、そのまあタッチラインと呼んでいます。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です