オールドファンならご存知でしょうが、現在の東京ヤクルトスワローズが、1950年に球団を創設したときの親会社は国鉄(現在のJR)です。

プロ野球チームを創設するにあたり国鉄では、当時チームのニックネームを募集しましたが、その有力候補だったのが「コンドルズ」という強そうな名前でした。

ところが、国鉄の幹部から「国鉄がコンドル(混んどる)ではまずい」という意見がでて、コンドルズは不採用となりました。

そこで、当時の国鉄の花形特急だった「燕」の名前から「スワローズ」となったのです。

これには国鉄幹部も「スワローは、ゆっくり座ろうに通じて、大変結構」と大賛成だったとのこと。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です