サッカーやアイスホッケーなどで、ひとりで1試合に3点以上のゴールを挙げることを「ハットトリック」といいますが、これは、もともとクリケットの用語なのです。

クリケットでは、3人の打者を連続でアウトにするのは、野球以上に難しいと言われており、この偉業(トリック)を達成した選手には高級な帽子(ハット)が贈られました。

これが、サッカーなどでも使われるようになったんですね。

ちなみに、選手の功績をたたえて観客が帽子を投げ入れたことが語源になっているという説もあります。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です