野球の試合で始球式が行われる際、打席に立った選手は空振りをすることになっています。

実はこの”儀式”のきっかけとなったのは、早稲田大学の創始者である大隈重信なのです。

日本初の始球式が行われたのは、1908年11月22日、早稲田大学とアメリカ大リーグ選抜の1戦でした。この時に始球式を行った大隈重信の投球が一塁側に大きく逸れました。

しかし、創設者である大隈先生の投球をボールにしてはいけない、と早大の選手がとっさに空振りをしたことが始まりだったのです。

現在も、投球者に敬意を表するために空振りをしているんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です