42.195キロという中途半端な距離で競われるマラソン。どうやって正確に距離を測っているんでしょうか。

ワイヤーロープを用いるか、もしくは自転車にカウンター計を取り付けて計測することになっています。日本ではワイヤーロープを用いることが主流となっています。

直径5ミリ、長さ50メートルの鋼鉄製のワイヤーをメジャーにし、尺取り虫のように844回繰り返し、なんと約70時間もかけて測っているとのこと。

では、誤差は出ないのかというと、規則では競技距離の1,000分の1以下の誤差は認められているのです。42.195キロよりも短ければ無効となりますが、誤差が約42メートルまでなら長くてもOKとなります。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です