陸上競技のトラックやスピードスケートのリンク、自転車レースなどは、ほとんどの競技が左回りですよね。

ところが、競馬場には左回りはもちろん右回りのコースもあります。東京競馬場は左回り、京都競馬場は右回りといったように。それはどうしてでしょうか。

理由はサラブレットの体系を崩さないためになります。

左回りのコースばかりを走っていると、骨や筋肉などが一方に偏り、馬体のバランスが崩れてしまうのです。

そこで両方のコースを用意し、馬体のバランスを保つようにしています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です