野球選手に科される罰金には、退場処分などに対してNPB(日本野球機構)から科されるもの、球団から科されるもの、さらに、サインの見落としなど試合中のミスに対して監督が科すものなどがあります。

このNPBや球団が科す罰金は、一旦それぞれの雑収入として計上され、その後、高額罰金の場合は公益団体などに寄付されることが多いそうです。

また、監督が科すものは、選手の決起集会のための食事会の費用や、年末の納会での表彰、定年退職するスタッフへの現場からの記念品など、基本的に選手やスタッフのために還元されるとのこと。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です