ゴルフのカップは、万国共通で直径4インチと4分の1(108ミリ)に決められています。数々のドラマを生み出す何とも言えない絶妙なサイズですが、いったいどうやって決められたんでしょうか。

昔はグリーンキーパーがしゃべるで適当な大きさに堀り、そこに鉄製の棒を差し込んだだけのものでした。そのために大きさはまちまちであり、日に日に崩れて大きくなっていたそう。

この崩れてしまうホールに困ったセント・アンドリュースの管理者であるトム・モリス・シニアは、近くの水道工事現場に転がっていた土管の切れ端を持ってきて、それを埋めることで崩れを防いだのです。

この土管の直径が108ミリであり、それから120年以上も変更されることなく、現在でもそれが基準となっています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です