野球で三振を多く取る投手を「ドクターK」と表現しますが、なぜ三振のことを「K」というんでしょうか。

これはスコアブックに記載する際に三振をKと書くからなのですが、ぞれはなぜかについては諸説あり、今も明確になっていません。

たとえば、三振は英語でStrike outと表現します。それからKを採ったという説がありますが、頭文字のSをそのまま使うと、Sacrifice(犠打)やSteal(盗塁)と重なり、さらにSOだとSteal Out(盗塁死=盗塁失敗)と重複するためだといわれています。

このほか、Knock outのKを採ったとする説や「アウト=死」からKillのKを採ったなど諸説あるそう。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です