テニスの試合が行われるとき、最初の攻撃を「サービス」といいます。英語で「奉仕、もてなし」という意味合いですが、これにはどんな由来があるのでしょうか。

テニスのルーツは、13世紀のフランスで行われていた「ジュ・ド・ポーム」と呼ばれるゲームです。ボールを打ち合い、ラリーの数を競ったこのゲームでは、最初の1球で召使が「では旦那様、参ります」といってボールをコートに投げ込んだとのこと。

これを「召使の奉仕」、つまりフランス語でセルビスと呼ぶようになり、テニスという競技に発展してからもその呼称が使われているのです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です