そもそも、出家しているお坊さんに苗字があるのはどうして?

「親鸞」や「日蓮」など、もともとお坊さんには苗字がありませんでした。 仏教では本格的に修行することを「出家」といいますが、これは読んで字のごとく「家」を「出」るもの。家督制度を象徴する苗字など無用の長物だったのです。