専門店で飲むコーヒーや紅茶がおいしいのは、豆や茶葉はもちろんのこと、カップにもおいしく飲むためのこだわりがあります。

コーヒーカップは深めで厚手があることが多いですよね。

これは、コーヒーは淹れたてでも温度が80度くらいなので、中身が冷めにくいようにするためなのです。

一方で、紅茶のカップの口が広くて底が浅めなのは、色を楽しむためだといわれています。

また、紅茶は沸騰した湯で淹れるのでカップに注いだ時もまだかなり熱いんですね。

だから、コーヒーカップのように厚手でなくても大丈夫、ということになります。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です