スーパーの目玉商品として大量に陳列される卵に白玉が多いせいか、赤玉は高級で栄養価が高いというイメージを持っている方、少なくないですよね。

しかし実際のところ、卵は赤団でも白玉でも栄養価に違いはないのです。

では、どうして赤玉の方が値段が高いのでしょうか。

それは、ニワトリの種類が違うからなんですね。

赤い卵を産むのは、ロードアイランドレッドやボリスブラウンといったニワトリで、白い卵は白色レグホン系のニワトリから産まれます。

赤玉を産むニワトリは、体重が重くて食べるエサの量が多く、それが卵の値段に反映されているとのこと。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です