現在では、つるつるとした艶のある方が表、比較的ザラザラした面が裏とされていますよね。

昔は手作業で海苔を製造していて、天日干しにする際に、海苔簾(竹を編んで簾状にしたもの)の上に、海苔を細かく裁断して真水で洗って流し込み、海苔簾側の面から先に海苔簾越しに太陽にかざして乾燥させていました。

海苔簾に張り付いているため、はがすとザラザラしていましたが、昔はこちらが表とされていたんですね。

しかし、海苔すきや乾燥とも自動機械化された現在では、海苔の見た目も考慮され、つるつるとした面を表としているのです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です