食材には鉄製の包丁で切ると変色したり、味が落ちたりするものがありますよね。

そのようなものを「金気を嫌う」といいますが、こんにゃくもそのひとつです。

そのため、昔から手や磁器製のおちょこの縁でちぎったりして、料理に使われてきました。

こんにゃくをちぎると断面がデコボコになって、煮物の味がよく染みるのもおいしくなるといわれている所以ですよね。

しかし、最近はセラミック包丁など金属製以外の包丁もあるので、それらを使えば全く問題ないです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です