「討ち入りそば」とは、赤穂浪士の7人全員が吉良邸に討ち入りする前夜に、ひそかに江戸市中のそば屋に集結してそばを食べたことに由来します。

このため、年末になると放映される「忠臣蔵」では、大石内蔵助率いる四十七士がそば屋に集合するシーンがよくありますが、実は全員がそろってそばを食べることはなかったそうです。

集合場所も3箇所に分かれていたとされており、討ち入りそばの真相は四十七士の中の数人が討ち入り前夜にそばをすすっただけとのこと。

とはいえ、ドラマにするなら47人全員が一堂に会して、いざ討ち入りとなった方が格段に盛り上がるに違いないでしょう。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です