敬語の誤用について語る際、「せる」と「させる」の使い分けも見逃せない問題です。

「せる・させる」は使役の助動詞なので、動詞と組み合わせて使います。自分の行為に対して使役の助動詞を使うことで、相手に対する敬意を表現することができるんですね。

例えば、つくるという動詞の場合、「つくらせていただく」が正解で「つくらさせていただく」は間違い。行くなら「行かせていただく」、探すは「探させていただく」。

これらは学生時代に習った動詞の活用系ですが、今一度復習してみてもいいかもしれないですね。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です