マイホームの購入や海外旅行のツアーに行くときなど、まとまった金額を支払う場合は、少額のお金を前もって支払うことが多いですよね。

これを「手付金」とか「内金」といいますが、両者はまったく違う意味合いを持っています。

手付金というのは契約の締結を保証する金銭のことを指し、名目上は保証金なので、残りの代金を支払えなくても手付金は返却されません。相場は総額の1割から2割とされます。

一方、内金というのは、代金のうちの一部を先に支払うこと。支払い後にキャンセルしても、時期によって全額または一部が返ってくることが多いです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です